fc2ブログ

記事一覧

ミニ鯉のぼり&納豆稲荷

一週間忙しかったので、今日はのんびりおかたづけとか、お料理とかひとまず鯉のぼりを出しました(^^)ゼブラは魚があまり好きではないので、ミニチュアですが。鯉のぼりの長さで、15㎜くらい。兜のほうは、マンションサイズとはいえもう少し大きいです。お夕食は、前回好評だったツナ餃子。http://blogs.yahoo.co.jp/green_zebra_2008/5494512.html 包むのは娘がやったので、この間の私のものより形がいいようです。   彩りは...

続きを読む

外部資金と数学マジック

激務の一週間だったので、今日は早い時間にお風呂に入ってトリートメントをして、アイスコーヒー飲みながらのんびり。マニキュア染め直したり、出張に持っていく服考えたり。一週間の反省を、ちょっとしたり。初めての限定記事だなあ……ファン登録してくれてる人、仕事の近い人ばかりじゃないけど、一般公開で変な突っ込みが来ても困るからw 国立研究所の研究者は、国立大学の教授より、少し官僚的なことろがあって、今時、公務員...

続きを読む

花と植物のいただきものなど

何度か書いたかもしれないが、出向中である。昼間は主に事務関連の公務をしているので、夕食後にやっと、 自分の研究関連のメールをチェックしたり、論文を読み始めたりする。  そういうわけで先週末もたまった仕事と職場のイベントなどで出勤していた。     疲れが累積されて行くのがわかる。    ........... 月曜日からこの状況でど~するんだ (怯)とはいえ、出向でもよいこともあって、素晴らしい写真を撮る方と...

続きを読む

誤診

 とてもとても、暑い日だった。 家には私と、弟と、ヒヨコが二匹いた。露店で買ってきたか、卵のおまけについてきたヒヨコだったと思うほのかに色が染められていた。 普段はケージの中で飼っていて、時々、庭に出して遊んだ。ヒヨコは庭で小さなミミズを見つけては、仲間に取られないように咥えて走り、そのせいで、仲間に見つかって追いかけられたりした。 私たちはヒヨコを捕まえ、逃げられ、ケージに戻すために追いかけたり...

続きを読む

見納め.....

今日はとても温かい。  桜も.......見納めですね 今年はあまり撮影できなかったので、昔のものを引っ張り出して、 PCのスクリーンセーバーにしてました。今年の日本大学の桜   去年の研究所の桜。 職場の方からの頂き物写真   同じく去年の青山学院大学の桜 応用物理学会   2006だったでしょうか、東京大学の桜  2006年松山城の、物理学会だったかな?   2004年のダブリン大学。 この季節以外はどうってこ...

続きを読む

心に落ちる絵画

.......ルーブルで見つけた、タイトルを知らない絵。絵葉書も売られていなかったから、写真を撮らせてもらった。パリの美術館っていいよね、フラッシュをたかなければ撮影は構わないという。良くお邪魔するブログで、とても懐かしい絵を見た。東山魁夷『白馬の森』     淡くて深い、ブルーの絵。東山魁夷はその当時小学生だった弟が大好きだった画家で、小学生の分際でかなり高価な画集を、親にねだって買ってもらっていた。...

続きを読む

菜の花

朝、、バス亭で菜の花を見つけた。   春は出会いの季節で、      春は別れの季節で、      まあ、いいのだけどね。           今頃、何してるかなぁ。                Good-by my guardian ...

続きを読む

読書録 『らせん階段』

読書録その3結城信孝『らせん階段 -----女流ミステリー傑作選-----』読了女流ミステリー 作家が女性っていうことなんだろうけど....なぜかピンとこないことが多い。女流作家の主人公は、ゼブラと同世代 (時にはずっと若い場合もあるが w)で、バツイチだったり、独身だったり、家庭の悩みを抱えていたりして、揺れ動きながらもがんばったりする場合が多いのだが……… 何というか、自分に比較して、同世代の女として、しっかり...

続きを読む

読書録 『リアルヘブンへようこそ』

読書録その2は、牧野修 『リアルヘブンへようこそ』  牧野修のグロテスク加減が好きさ♪『ファントムケーブル』『忌まわしい箱』など、作品傾向は知っているが長編を読むのは初めて。   短編集はいつも微妙にSF。時々キリスト教的。   そんなこんなで写真はノートルダム寺院、サン・シュルピス寺院等フランスの寺院を貼り付けてます。いずれも2006年の撮影です。  『リアルヘブンへようこそ』はゲームか映画にもなって...

続きを読む

読書録 『誘拐の果実』

読書録、ここのところ当たりがなかったので、メモしてませんでした。覚えているところだけ、一気に乱れ書き。まず、その1真保裕一 『誘拐の果実』読了...読了はしたが…           どうしたんだよ.... このご都合主義はっゼブラ的には、時々はずれのある真保裕一だが、    今回は大外れ。文章がよくて、ペースもよいので、最後までそれなりに読まされてしまって、話にノっていたりすると、一件落着っぽくハッピー...

続きを読む

プロフィール

GreenZebra2008

Author:GreenZebra2008
私の生活は「科学(仕事)」と「育児(家庭)」と「アーサーラッカム(趣味)」なのですが、子供は育ち、趣味は少しずつ変動し、仕事はそのまま続いてます。理屈っぽい割にいい加減な奴です。

**他ブログから移植したので、過去記事の画像や書式が乱れて見苦しい部分があります。

月別アーカイブ