fc2ブログ

記事一覧

昔の読書録 『火の粉』

雫井脩介の『虚貌』がとても気に入って、同じ小説家の作品だったので、期待して読んだ。 幻冬舎文庫  雫井脩介『火の粉』 読んだ時は……とてつもなくつまらなかった記憶しかないのだが、ちゃんと最後まで読んで、しかもトリックまで覚えている所を見ると、期待が大きすぎただけでそれなりに面白かったのだろう。 インフルエンザならちゃんと寝ていなさいと突っ込まれてしまうので、ブログ下記の理由を書くと、...

続きを読む

亀と紫外線と赤外線

会社に行けないので、自宅で書類仕事等をする。子供のいない家の中は静かで仕事が進むのはいいが、単調ですぐに作業に飽きたりもする。 気分転換に亀を見ると、不思議な組み合わせでスタックしていた。下がコミドリン(中サイズのミシシッピアカミミガメ) 上がキミドリン(新入りのミシシッピアカミミガメ)。キミドリンが誰かの上に自分で乗ったのを見るのは、はじめてかも。  甲羅干しは亀たちの本能のようだが...

続きを読む

昔の映画鑑賞録 『セブン』

昔観た映画なんですけどね。(別の和製特撮のセブンを思い浮かべた方、………好きです  ) インフルエンザで、自宅から出れないので、つらつら思いだしてみました。ブラピはもとより、モーガン・フリーマンにケヴィン・スペイシー、めっちゃ豪華キャストの『セブン』(1995年)http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD1237/story.html キリスト教的罪悪がゆる~く入っていると、楽しめるかもしれない、と...

続きを読む

煙関係をつらつらと

別に禁煙カテゴリーにしたかったわけでもないのだが。煙関係だとこれしかない。喫煙者ではないので、細かい銘柄は知らないが、そういえば、マイルドセブンってありましたね。マイルドという名称が誤解を促すという判断らしく、名称を変更するようです。http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20120809/ecn1208091214008-n1.htm さて。職場のクリーンルーム棟で喫煙者を見つければ、バカ野郎とばかりに追いだすし、会...

続きを読む

映画鑑賞録 『特攻野郎Aチーム』

インフルエンザの熱で、頭は死んでいるわけですが。テレビで、『特攻野郎Aチーム』やってるぅhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%94%BB%E9%87%8E%E9%83%8EA%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0_THE_MOVIE テレビシリーズは、日本だけではなく、どこの国でも放映していたみたいだし、特に米国やカナダでは、いつ行っても(深夜版で)やっているみたいな勢いで。まあ、何語で放送されていても、ほとんど問題なく観れるというの...

続きを読む

今年もインフルエンザ

先週日曜日から花粉症の様なくしゃみが出て、目が辛くて、耳鼻科で薬を貰っていたのだが………咳と熱まで出始めたので、内科を受診した………      「インフルエンザAですね」 いつもの女医さんだったので、  「ええ~、身の回りで誰もインフルエンザ出てないのに~」        「通勤に電車乗ってるでしょ、いくらでも接触の可能性はありますよ」  「いつもと違う路線に乗ったし………」  ...

続きを読む

「謎はすべて解けた! で、どうする?」 昔の読書録

「東西ミステリベスト100」の新装にインスパイアされて、しろねこさんが、自己ベストをリストしてらした。それをほぼ時差なしに読んで、しばらく前から自分のベストを考えていたのだが、これがなかなかに難しい。「ベスト10」を選ぶのも難しいし、「ミステリー」のくくりも難しい。   文句なしにミステリーベスト10と、これってミステリー?ベスト10にしようかな。                   ...

続きを読む

小さくても大きくても

小さな頃、私が一番初めに好きになったのは、大きなアイヌ犬だった。 物心がついた時には一緒にいて、でも、父親の海外赴任にいっしょに連れていくことはできなくて、だからその時にお別になった(はずだ)。 別れた時のことは覚えていない。私は小さくて、わからなかったのかもしれない。ただ、小学校の時に、「日本に行って、おばあちゃんと○o○o(←犬の名前)に会う」 と、自分が言っていたのは覚えている。日本と、愛犬...

続きを読む

油断も隙もない、というのは油断をした人の八つ当たり的自己弁護なのかと思う

花粉症の薬が合わないようで、朦朧としてしまうので、再通院。遅くなるので直接、出勤しようと思い、普段は使わない路線に乗る。 下りに向かう電車はガラガラだ。座っていた座席を立ち、傘を片手にドア上に表示された乗り換え路線図を見ていたら、停車と共に後ろのドアが開いて、60前後と思われる女性が一人乗りこんできた。ちょっとキョロキョロした様子だったので、知り合いでも探しているのかな、と、さして気にせずに携...

続きを読む

内緒の読書録 『粘膜人間』

敬愛する本読みブロガーのしろねこさんの所で、東西ミステリベスト100 死ぬまで使えるブックガイドhttp://www.amazon.co.jp/%E9%80%B1%E5%88%8A%E6%96%87%E6%98%A5%E8%87%A8%E6%99%82%E5%A2%97%E5%88%8A-%E6%9D%B1%E8%A5%BF%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88100-2013%E5%B9%B4-4%E5%8F%B7/dp/B00A3URWBM/ref=pd_sim_b_1・………の記事を読んで、読書大好き病が再発したのか、つい、乗り換...

続きを読む

プロフィール

GreenZebra2008

Author:GreenZebra2008
私の生活は「科学(仕事)」と「育児(家庭)」と「アーサーラッカム(趣味)」なのですが、子供は育ち、趣味は少しずつ変動し、仕事はそのまま続いてます。理屈っぽい割にいい加減な奴です。

**他ブログから移植したので、過去記事の画像や書式が乱れて見苦しい部分があります。

月別アーカイブ