fc2ブログ

記事一覧

久しぶりの読書録 『怪の地球儀』

黒木あるじ 『怪の地球儀』 ハルキホラー文庫久々の小銭文庫に、軽そうな、というか一番薄いのを購入したんだけど、だからもともと期待はしてなかったんだけど、それが上にもなんだかなあ……実録怪談で、海外のもの、あるいは外国人が絡むものを集めたらしいが、この手のショートショート怪談は、もう聞き飽きちゃってるのかもしれない。ところどころに、イラストが入っているのだが、断ち切り印刷な上、印刷とイラストのグレード...

続きを読む

ちょこちょこと、いろんな疑問

なぜ、趣味の中に『計算』や『数学』がないのだろう?いや、計算って程でもないのだが、数字は気になるし、遊びに使えるものだ。海外出張などの写真のストレージと備忘録に、4トラベルという旅行サイトを使っている。地元情報を調べるのには便利だが、登録者にシニアの割合が高いことと、投票(ナイスボタンみたいなもの)や、順位付け、ポイント制みたいなので盛り上がっている人たちがいて煩わしく、だからあまり積極的な交流(...

続きを読む

テレビで『まんまこと』やってる

畠中恵は嫌いではない。サクサク読めて、時々ほろりとした苦味もあるので、新刊の文庫を見かければ購入している。『まんまこと』 も、読んだ小説だ。『しゃばけ』 シリーズに比べて、人物が多く、推理物にしては謎が浅くて、面白くはなかったんだけども。NHKでドラマをやってた。 http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/manmakoto/元々、ドラマを見るのは苦手なのだが、顔の区別がつかない………容姿なり、声なり、セリフ回しなり、何か...

続きを読む

方向性

仮面浪人の娘は、大学の試験期間と通信講座の提出期限が重なって、ジタバタしている。さっき見たら、浪人を通り越して 落ち武者みたいになってた。竹刀を抱えて床でプリント見るのやめろ...

続きを読む

おばけメロン

大学が夏休みに入ったので、剣士な娘は高校時代の剣道の道場に挨拶に行ったり、母校の練習に付き合ったり、そのついでに自宅にちょこちょこ戻ってくる。昨日はメロンを加工していた。 目玉の離し加減が可愛らしさの決め手だそうだ。可愛いか???いつぞやのおばけ団子といい、玉ねぎの辻斬りといい、外から見ると、親子で似ていると言われるのかもしれないが、どーして普通のものを作らないかな。...

続きを読む

うああ 地元、花火だ

電車から降りられない  そういえば、娘が東京に帰ってくると言っていたのは、このためだったか地元の花火大会のようだ。 (写真は、花火ウォーカーよりいただきました) クライマックスの打ち上げは、電車の中からちょうど見られてので、ラッキーこの上ないが、、、塾の行き帰りのお抹茶BOYが潰されないと良いけれど。(去年は、京成電車の中から見て、綺麗だったそうだが、モミクシャになった。)...

続きを読む

あち~~

死にそうに暑いです週末、山形~平泉~仙台と旅行してまして……最後の仙台は仕事でしたがそれなりに涼しく(←東北大が山の上だから)東京&つくばの暑さはキツイですメモだけ書いて、旅先の写真も何もアップしていないので、どこがどこだかわからなくなりそうだし今夜はブログ(備忘録?)書けるかなぁ...

続きを読む

(平泉)祭畤温泉~厳美渓~仙台青葉山っ

うーん、どれ一つちゃんと送信で来てなかったんだな。投稿時間と記事内容の矛盾があるかもしれないけど、いいや……さて、祭畤温泉は温泉の質も穏やかで、たぶん外国人と一緒に行くのに良いのではないか、と、思う。食事も和洋折衷で、食べられないものもない。なにより 『かみくら』 はこじんまりしていて、サービスが行き届いて、とてもいい感じだ。昨日は気づかなかったのだが、朝食のお茶碗や、お釜が南部鉄器みたいな材質のも...

続きを読む

(平泉)中尊寺~猊鼻渓~

このブログによく出てくるドイツ人の友人Rは仕事上の共同研究者で友人だったのだが、会議に家族を連れていったりお互いの家を行き来したり、とも家族ぐるみの付き合いだ。また、たまに出てくる東北大の先生は私の研究室にも、の研究室にも所属したことがあり、ついでにとも知り合いで―――つまりは気の置けない仲間だっていうことだ。翌朝(日曜日)は、Rと先生と、一家でレンタカーを借り、世界遺産にもなっている平泉へ向けて、GO★...

続きを読む

(山形)やまがたなう~山寺~仙台

やまがたなう……というのを、夕べ携帯からアップロードしたはずだったのだが、電波がちゃんときてなかったようで、送信できていなかった。ついでに写真を入れて、再投稿。ドイツから来日している友人の観光案内と、研究打ち合わせの東北大への出張(友人もいっしょ)と、連休の家族旅行を兼ねて、山形から平泉、仙台をまわることになった。なお、そのドイツ人研究者も、東北大の先生も、我が子たちとは顔見知りである………ほとんどの...

続きを読む

プロフィール

GreenZebra2008

Author:GreenZebra2008
私の生活は「科学(仕事)」と「育児(家庭)」と「アーサーラッカム(趣味)」なのですが、子供は育ち、趣味は少しずつ変動し、仕事はそのまま続いてます。理屈っぽい割にいい加減な奴です。

**他ブログから移植したので、過去記事の画像や書式が乱れて見苦しい部分があります。

月別アーカイブ