fc2ブログ

記事一覧

走れサル(猿画像追加)

日曜日、お抹茶BOYの中学は体育祭だった。体重40キロ未満の彼は、運動部ではあるけれど(だから友達はスポーツが得意なことを知っているが)、普段は小柄でめがねをかけて、ツン、としているので、(近寄りがたいとまでは言わないが)、騒がれるような人気者ではない。6色対抗戦でスタートラインに並び、走る前は、ひときわ小ささが目立ち、とても速そうには見えない。彼のチームはあまり期待されず、大柄なチームが勝ちを取りに来...

続きを読む

ハムスターや、学生や、子供を育てることを考える

昨日、都内の国際会議の終了後、横浜まで剣士娘(大学3年)に会いに行った。彼女が持っているバッグ(キャスター付スポーツバッグ)を借りるためだ。(←最近使っていない)運動部でなければ使わなそうだが、息子(中学2年)は修学旅行に使いたい、という。確かに中学生には似合う。……こんなやつだ<ハムスターの章>20歳と2ヶ月になった娘は、Gパンを穿いていても少し娘っぽくなったようで、それでもまだスポーツバッグが似合っ...

続きを読む

こういう国際会議もあるのよ……

■少し不満な会議など■今日・明日と、都内で社会学系・理学系双方が集まる国際会議が行われている。まあ研究じゃないけど自分の書庫的にはこれでいいだろう、女性活躍云々、ジェンダー云々の国際会議だ。2年前に韓国に呼び出され、そんなにやりたくもない仕事だったので、近寄らないようにしていたのだが、今年はその会議が東京に回ってきたのだ。なお、韓国と日本の間に、ヨーロッパで2回、オセアニアで1回、開催されてた―――か...

続きを読む

チョコ・バナナ・大福…… と、その他。

このお店で初めて購入したのは、福々饅頭だったろうか。一口大で、とにかくお安くて、味も悪くなかった。柿安口福堂さんの、チョコバナナ大福を購入した。果物の形を練り切りや餡で再現するのは、茶席の和菓子の基本だけど、このコミカルさはどうしたことだろう。和菓子好きで、バナナ好きな息子が、すぐに食べた。(手前がバナナ大福、奥がチョコバナナ大福)甘さを抑えた求肥と、わずかにバナナの味のする餡で、きちんとした和菓子...

続きを読む

蒸篭とプチ大福と、ちょっとした感傷

仕事帰りに地下鉄の乗換駅で、プチ大福を購入した。谷中の、福丸饅頭さん。笑っちゃうくらい安いのが魅力だ。だって、お茶菓子を購入することは多いのだから、自宅宛でも、仕事先に持っていくのでも。昨日は休んだが、土曜出勤をしていたら、いつになっても振り替え休日が消化できない。私の職場は、労働時間がブラックな職場ではないが、時間内に仕事が終わらないのは無能とみなす……のが根底にある。結局は自宅で宿題をやったり、...

続きを読む

目的意識

食べてみたい、と思ったから、たぶんこのプロモは成功なんだろう。最強のお婆ちゃんがブチギレて敵をなぎ倒す爽快アクションムービー!「Go! Hatto 登米無双」ディレクターズカット版もうひといき、仕事しよ。...

続きを読む

そうは言われても、いて座のゼブラの運勢 (2017年05月19日)

明日の会議の準備が出来ないので、振り替え休日を使って、今日は遠方の職場に行くのをやめ、自宅で明日の準備をする。それから来週早々には、約3億の研究予算の申請書類を仕上げなければならず、そのためには共同研究者たちとの連絡もしなきゃならない、連絡をするためには、申請書類のドラフトを作っておかなければならず、そのためにはデータをまとめなきゃならない、そしてデータをまとめるためには、数値解析をしたり、グラフ...

続きを読む

音、と、音楽

バス停に行ったら、ギターを持ったお兄さんのところに、警察官が来ていた。お兄さんの足元には、箱と、その中にコインが入っていたから、たぶん、きっと、とても高い確率で、路上の弾き語りだったんじゃないかと思う。許可を取らないで、路上商売(?)をしたから、注意されているのかな、と思った。が。  「こういうところで練習すると、騒音が迷惑だから移動してください。苦情が来ています」なんか可哀想だなあ。音を聞くチャン...

続きを読む

近況

研究室に新しいメンバーが来た。共同研究先の大学の助教さんが、うちの研究室のポスドクとして移ってきて、ついでに、大学の学生さんも何人か受け入れることになった。大学院まで行こうとしている学生さんもいるので、少し長い付き合いになる気がする。それに伴って、その人数分の研究費も稼がなきゃならないので、企業からの資金を集めたり、文科省や経産省の持っている公的資金に応募したり。科研費の結果がまだきていないので、...

続きを読む

大学教育に関するちょっとした疑問

毒をこめているつもりはないのだが、結果的に毒入りっぽいので内緒にしておこう。剣士娘(大学3年生)は文系の学部に通っていて、社会学系のゼミを受けている。最も興味があったのは歴史だが、その学部には進めなかった、というよりも単に知りたいから研究する、という日本史を学ぶ学部が、(彼女の学力範囲で)なかったからだ。<大学教員の教え方の問題と実力> が大学から持ち帰った課題や資料のプリントを、読むとはなく読んだ...

続きを読む

プロフィール

GreenZebra2008

Author:GreenZebra2008
私の生活は「科学(仕事)」と「育児(家庭)」と「アーサーラッカム(趣味)」なのですが、子供は育ち、趣味は少しずつ変動し、仕事はそのまま続いてます。理屈っぽい割にいい加減な奴です。

**他ブログから移植したので、過去記事の画像や書式が乱れて見苦しい部分があります。

月別アーカイブ