fc2ブログ

記事一覧

花と手芸のブログを書いたら、余裕がある風に見える?

マカロンケース、やっぱり小さいものを作りたくなる。
大きい方の直径が38mm、小さい方が22mm。
小さいマカロンケースを作ってみた2

22mmになると、いろいろとYoutubeに出ていた作り方とはズレてきて、
まあ、一番大きな理由は、サイズが変わっても布の厚みが変わらないってことで、
厚みが変わらないと復元力が同じなのに、
曲率は小さくなる、つまり応力がデカい――いや。
そんなこと考えて纏り縫いをしているわけではないんだが。

布で巻くのではなく、ファスナーの淵は折り返して裏に収める。
ファスナー部分の始末

ついでに、ファスナーの淵もカットして柔らかくし、
ギャザーを入れることなく、折り曲げる形でマカロンに縫い付けていく。
ドール用ファスナーですらふちをカット

厚みを小さくするために、ファスナーは金具のギリギリのところを縫い付ける。
ファスナーのセット中

こんな感じでころころと完成。500円玉を置いて、サイズ感。
小さいマカロンケースのサイズ感

内側も、ポケットを付けるどころか、フェルトを直接縫い付けた。
いったい何が入るのだろう?
小さいマカロンケースを作ってみた3

東京もつくばも随分桜は散ってしまったが、これは先週の前半のつくばの桜。
何となくオレンジ色なのは、夕日のせい。
職場の桜_夕方になってしまった1

こちらはやはり先週の自宅のそばの花海棠。今週は色が白っぽくなって、ずいぶん散っていた。
ご近所のハナカイドウ2

これも激しい色だった、早稲田大学の八重桜。サトザクラ、というのかな。
大学の八重桜2

東京大学のチューリップ。今週は大学巡りみたいだったのだ。
東大のチューリップ

東大はこの銀杏の木が好きなのだが、ちょうどよい季節に長居できたことがない。
この木の下で数学しょなぞ読んだら、気持ちが良いだろうな。
東大の中_このイチョウが好き2

これは根津方向に降りて行った途中にあったモッコウバラ。
東大のそばのモッコウバラ2

明日は学習院大に用がある。
桜は散れちゃっただろうけれど、相変わらず美しいだろうな。

TVの深夜の環境音楽流しているみたいな番組で、
画面はヨーロッパの街並みになっている。
長年、5,6月はドイツに行くことが多かったから、何やら懐かしい。
北海道のように、4月の終わりから5月に、すべての花が一斉に咲くかの地は、
今、どんな風だろう?


スポンサーサイト



コメント

Re: No title

≫鳥天さん、

ええ、そんな気がします。
自分的には、料理を作るのもかなり余裕のある時なんですけども、
料理は余裕感として伝わらないことが多いみたいです。
必須のものの一つなんでしょうかね。

北海道は、桜がまだ見られるのですね。
春の学会はwebが多くなってしまったのですが、
そういえば、昔は桜巡りみたいになっていたこともありました。

Re: No title

≫夢うさぎさん、

22mmを作ったのですが、縫う回数が少ないので、サクサク進みます。
次々改良したい場所が出てくるのも、マカロンケース作りの特徴かもしれません。
ドール用のファスナーと、ドール用の針(細くて摩擦が少ない)を使うと、
問題なく進みました。
これでもまだ、小ささを極めて稲気がするので、
いっそダミー(ファスナーは印刷)の、1㎝径とか作ってみたいです。

No title

手仕事すると余裕ある感が出てちょいと良いよね( ´艸`)そして花もね!色々な花が咲いて良い季節だね~こっちはまだ桜が咲きはじめだ!

No title

凄いですね。22㎜のマカロンケース作ったんですか!
私は徐々に大きくなっていきました(^ ^ゞ

くるみボタンもファスナーも、
一袋に入ってる数を作れるかと心配でしたが、
あれよあれよと消えていきます。
買い足そうかどうか迷ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GreenZebra2008

Author:GreenZebra2008
私の生活は「科学(仕事)」と「育児(家庭)」と「アーサーラッカム(趣味)」なのですが、子供は育ち、趣味は少しずつ変動し、仕事はそのまま続いてます。理屈っぽい割にいい加減な奴です。

**他ブログから移植したので、過去記事の画像や書式が乱れて見苦しい部分があります。

月別アーカイブ